ペン画で人物表情たまに発想アイディア ホーム  »  想像の鳥  »デモスト用試作 5 【 イメージで描く鳥 】のお題を。どうしよう(^^)

デモスト用試作 5 【 イメージで描く鳥 】のお題を。どうしよう(^^)  

 
準備ノート【架空の鳥】アイディア・ラフ と 不透明水彩のイメージ画
 
鳥の特徴も様々です。表現も考えるキッカケも色々です。
絵を描くことを大別してみます。
 
 
・実在する対象を描く
 
・思ったコトを表す 
 
どちらかをより重視する場合や、2つがお互い関係しあいながら進んでゆく感じもあります。
 

 
「口の大きさが大事ですよ」と言っている鳥
 
鳥6口が大きい鉛筆描き 

ペリカンみたいでちょっとトボケた感じです(^^) カラスにも見えるか・・
 
赤紫色も使ってみよう・・でも白い鳥になります(^^)

鳥12大口下塗り  
 


 
 
黄色、白色も使って部分が分かるように。

ペリカン的な 鳥 全身像 側面 大きな口 黄色 白色 赤紫色 とぼけ顔

完成です。

お話を作るとしたら、この大きな口が大活躍するんでしょうね。
それぞれの特徴に目を向けると「普通の」なんて言えなくなります。
 
お題からのサブテーマ、王様っぽい・一番は?などの観点で鳥の特徴から実際の鳥も参考に進めてみました。
分かり易いかなと思い簡潔化したら、ちょっとキャラクター的にもなりましたね(^^)
 
デフォルメと言うと見た目の特徴をもっと過剰にしたり、生態・行動を大げさにすることもありますね。
画材の使い方や絵具の表れを工夫することもできます。
 
今回のお題については鳥の特徴を説明したり、使う色の順番や色数を限定しています。
これらの導入を自分なりの創作のキッカケにして、絵を描く時間を楽しんで貰いました。
 
絵を描くこと・何かを表現する・・・「何かが現れて来る」と想像すること自体がワクワクするんですよね。


「創造の体験」を楽しんで貰えたらと思っています。
受講して貰っている利用者さんには色々な想いや状況があります。

・受験を目的とし、入試科目の一つとして。
・趣味として描きたい、上達したい。
・障がい者支援施設での、余暇・リクレーションとして。

「絵を描く」ことは変わらない(^^)のです。

実施している場所、目的は異なりますが・・・
「楽しかった」「良い経験になった」と、その受講時間にでも、ずっと後になってからにでも思って貰えたら幸いです。
と、そんな色々な講座を組み立てて、用意する側の講師も仕事として面白く楽しさがあります。

講座をするその場所や時間をご提供頂いている施設・スタッフさんとも共有しているんですよね。
と言うより、業界・職種が違っても、「創作する・表現する」ことを通じ、気づくことが沢山あってありがたいことです。


「創作する・表現する」って言うのもなんかカタイです(^^)
「描こう・創ろう・やってみよう」 教科書か?教科書のキャッチコピーか?みたいですが。

美大入試実技の課題や造形の基礎も利用しつつ、創作の楽しみになるモノを、とも思っています。



こんな実験的なブログをいつも読んで頂き、ありがとうございます(^^)


PR 
ハンドメイドは、お絵かきだけではないですね(^^)
手作り品、雑貨が人気のようです。見るのも刺激になります。

実施事例があります。WEB、HPデザインの参考にもなります。

クリエーター
登録募集

ネットショップへ出店


本格経営HP
デザイン





関連記事

category: 想像の鳥

thread: イラスト

janre: 趣味・実用

tag: 準備試作  水彩  イメージ    赤紫色  白色  黄色 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://facedrawing.blog.fc2.com/tb.php/468-180372d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問ありがとうございます

カ テ ゴ リ

記事内 コメントありがとうございます

ブ ロ グ 村

スタディ+

▲ Pagetop